2006年12月 4日 (月)

頭がおかしい!

今日は、玄関を出ると、とても明るかった。それもそのはず、今日は満月。月の明かりがまぶしいほど。思わず、Debussyの月の光(フランス語なのでスペルは知らん。)が聞こえてきそう。

今日は、特に何もない。ことはないんだけど、すごく落ち込むことがあって、書く気がしない。何があったか。もちろん、不配・・・・ 新聞配達員にこれほど恐ろしい言葉はない。今回、恐ろしかったことを順に話すとこうだ。朝、事務所に行くと、不配の紙があった。昨日はあまりがなかったのになぜだ!思わず、心の中で叫ぶ!同じ事務所のおばちゃんが、それに対する伝達。「××さん(私の名前です。)昨日新聞あまらなかった?」 この親切が2次災害を生み出したのだ。おばちゃんは、「広告は入っていたんだけど、新聞そのものが入っていなかったというお客さんがいてね。変な話だね。」と、状況をいろいろと話してくれた。私は、おばちゃんの話を聞いて、また、どこかの愉快犯が広告だけ残して、新聞を抜いたんだなと認識し、肝心の不配伝達の紙を読まなかったのだ。これが地獄への一歩とは知らずに。

実際の不配はもう1件、別のところにあったのだ!実は、その家の前のマンションの1階だったのだ。悪いことにそのマンションの名前も出ていたので、てっきりおばちゃんの話したことが、メモに書いてあることと思い込み、こともあろうか、2日連続で不配をしてしまったのだ!おかげで怖ーいおばさんから電話がかかり、のろいの言葉である『今度、不配があったら、新聞をやめるとお客さんが言っている』と言われた・・・・ああ恐ろしい!

しかし、どこでどう間違ったら、今まで入れていたポストと違うところに新聞を入れるようになるのかね。それこそ、私の頭がおかしくなたとしか思えない。

今日は、本業が休みで、やっと自分の仕事ができたが、明日、事務所に行くのが憂鬱だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)